保育園 板橋区 たてわり混合保育 乳児保育 子育て支援 食育

概要

【保育目標】

  「自立したこどもに育てる」

 

 ・ひとりひとりの成長を見守り、穏やかできめ細やかな保育を行います。

 ・こどもたちの自主的、主体的な活動を大切にします。

 ・土や緑を生活のなかに取り入れて遊びます。

 ・安全な食物で丈夫で健康な体をつくります。

 ・ご両親と理解、協力しあって保育します。

名称

住所

電話

FAX

入園対象

保育時間

休園日

敷地及び建物

建物

延床面積

園児定員

職員構成

社会福祉法人 東京自由保育園

〒174-0053 東京都板橋区清水町24番13号

03-3964-0034(代)

03-3962-1082

生後57日から就学前の児童

午前7時から午後8時まで

※延長保育をご希望の方は別記の案内をご覧ください

日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)は休園日です。

園児または園児の同居家族に伝染病が発生した場合、園長が他の園児に感染する恐れがあると判断したときは休園していただきます。

敷地 389.2㎡

鉄筋コンクリート造3階建

659.61㎡

つぼみ組(0歳児)         12名

にじ組(1歳児)          16名

そら組(2歳児)          18名

はたの家(3~5歳児)        18名

ほしの家(3~5歳児)       18名

たいようの家(3~5歳児)      18名

合計                 100名

※年齢別のクラスは、あか組(3歳児)、きいろ組(4歳児)

みどり組(5歳児)になります。

園 長   1名     主 任   1名

保育士  19名    看護師   1名

栄養士   3名    調理員   1名

事務員   1名    嘱託医   1名

  • 【都営三田線】
    板橋本町駅A2出口より徒歩5分
    【住所】
    東京都板橋区清水町24-13
    【開園時間】
    朝7時~夕方8時

保護者のみなさまの苦情を解決するシステムがあります!

東京自由保育園にはお子さんの権利を擁護し、保護者のみなさんの満足感の向上を図るために、東京自由保育園の福祉サービスに対する保護者のみなさんの苦情やご意見をお受けし、解決するための体制を整備しています。

またお受けした苦情は、真摯に検討し一定のルールに従ってその解決に努めてまいります。

 

【苦情解決の仕組】

(1.対象)

保護者の方で保育園の保育サービスに関する内容となります。

 

(2.担当者)

①苦情解決責任者   園長 松岡優子 ℡03-3964-0034

②苦情受付担当者   副園長 池田政子 ℡03-3964-0034

③第三者委員      法人監事 大竹政一

               弁護士 重国賀久

 

(3. 解決の方法)

・保護者の皆さんは苦情がありましたら、玄関の「意見箱」または、受付担当者

 にその旨をお伝えください。

 なお第三者委員に直接苦情を伝えることが出来ます。

・苦情受け付け担当者は苦情の内容を園長、第三者委員に報告し必要に

 応じて、調査を行うともに原因究明や解決の方法について検討します。

・園長は苦情を申し出た保護者とともに解決のため話し合います。

 

(4.報告)

・園長は保護者とともに改善事項を確認し、園だよりやホームページ等に掲載して公表します。

保護者からご要望・ご意見

(2019年1月)

(2018年10月)

(2018年7月)

(2018年4月)

(2018年1月)

(2017年10月)

(2017年7月)

(2017年4月)

(2017年1月)

(2016年10月)

(2016年7月)

(2016年4月)

(2016年1月)

(2015年10月)

自転車でお迎えの保護者の中に、お子さんを乗せずに歩かせて帰る人がいるが、暗くなってお子さんの姿が見えづらく、ぶつかりそうで危ないというご意見がありました。

(2015年7月)

(2015年4月)

(2015年1月)

(2014年10月)

(2014年7月)

(2014年4月)

(2014年1月)

(2013年10月)

(2013年7月)

(2013年4月)

(2013年1月)

(2012年10月)

(2012年7月)

(2012年4月)

(2012年1月)

(2011年10月)

(2011年7月)

放射能の内部被爆からこどもたちをまもるために、保育園給食の食材を関西以西から仕入れて欲しい、また砂場の砂を入れ替えて欲しい等のご要望がありました。

(2011年4月)

先月の東日本大震災において、福島原子力発電所の事故による放射能の影響は、乳幼児には特に影響が大きいので、保育園での昼食やおやつなどの食材を選別するなど対策を取って欲しいとのご意見がありました。

(2011年1月)

(2010年10月)

(2010年7月)

園庭でプールやシャワーを行う際に、周囲の道路から見えてしまうのは不用心ではないかとのご意見がありました。

(2010年7月)

保育園で管理していた紅白帽子に関して、保護者から不潔ではないかとのご意見がありました。

(2010年7月)

昨年度要望があり検討していた→子どもたちの日常の様子を撮影して販売して欲しい。

(2010年4月)

保育園より回答

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

お子さんと帰る時は自転車に乗せるか、自転車を使わずに手を繋いで歩いて帰っていただける様『えんだより』にてお願いの文章を載せると共に、貼り紙をしてお願いをしました。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

問題となっている牛肉は取りやめ、その他の食材については業者と相談し、出来る範囲で選別して仕入れています。また日々の食材の産地も細かく開示しています。なおご希望があれば個別に対応をしています。

砂場の砂については、夏期間は使用していないので、夏の終わる時期を待って対応をする事にしています。

保育園で扱う食材に関しての現状と考え方を保護者に開示しました。

①0歳児クラスの粉ミルク及び飲料水に関しては取り寄せた天然水を使用しています。

②野菜や牛乳、肉、魚などに関して可能な限り調べた産地を公開したり、配慮している点をお知らせしています。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。

園庭のプール周囲にすだれで囲いをして、視界をさえぎる様にしました。

紅白帽子を個人持ちにして、帽子が他の子の帽子と接触しない様に管理する事にしました。

今年度は専門の業者を入れて、大きな行事や日常の様子などを撮影し、販売(ネット注文も可)しています。

とくにご要望・ご意見はありませんでした。