保育園 板橋区 たてわり混合保育 乳児保育 子育て支援 食育

HOME > おたよりの森 > すくすくだより

すくすくだより

こどもたちは成長過程の段階にあるため、いろいろな病気にかかりやすいものです。

お子様の健康管理は、普段の生活のなかでしっかりと行ってあげてください

  • ほけんだより4月   発行日2021/4/9

  • ほけんだより3月   発行日2021/3/8

  • ほけんだより2月   発行日2021/2/5

  • ほけんだより1月   発行日2021/1/8

  • ほけんだより12月   発行日2020/12/4

  • ほけんだより11月   発行日2020/11/2

  • ほけんだより10月   発行日2020/10/5

  • ほけんだより9月   発行日2020/9/7

  • ほけんだより8月   発行日2020/8/5

  • ほけんだより7月   発行日2020/7/6

  • ほけんだより6月   発行日2020/6/8

  • ほけんだより4月   発行日2020/4/6

  • ほけんだより3月   発行日2020/3/2

  • ほけんだより2月   発行日2020/2/3

  • ほけんだより1月   発行日2020/1/8

~夏場に注意したい皮膚トラブル~ 発行日2015/7/25

 

夏場は、紫外線による日焼けをはじめとして、汗疹などの汗をたくさんかく季節ならではの皮膚トラブルがあります。その他にも、外に出掛ける機会が増えることから、植物のかぶれや虫刺されなどの皮膚トラブルも多くなりますので、注意しましょう。

  

紫外線による皮膚トラブル

紫外線量の増えるこの時期は、外にいるのが短い時間であっても日焼けをしてしまいます。特に注意したいのが、海などで急激に日焼けをすることです。海水浴に来て、真っ赤に日焼けをしている乳幼児を見かける事があります。ひどい日焼けはやけどと同じです。こうした場合には、発熱をすることもあります。紫外線を防ぐためにも、帽子や紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めをこまめに塗るようにします。また、炎天下の中で長時間遊ぶ事がないようにし、木陰や日陰などで休むようにしましょう。

 

汗をかく季節の皮膚ケア

汗をたくさんかく季節です。汗をたくさんかいた後に、そのままにしておくのは汗疹などの皮膚トラブルを招くもとです。汗をかいた後は、シャワーで流せる場合にはシャワーを浴びましょう。できない場合には、かたく絞ったタオルで皮膚の表面を軽く拭いておきます。また、シャワーや入浴後に皮膚が乾燥しないように保湿をすることも大切です。

  

デング熱とは?

デングウイルスに感染して起こる急性の熱性感染症です。発熱や頭痛、関節の痛み、目の奥が痛くなるといった症状が1~2週間ぐらい続きます。

デング熱への感染は、ウイルスに感染した患者を蚊(日本ではヒトスジシマカ)が吸血することにより、蚊体内でウイルスが増えます。この蚊がさらに、他の人を吸血することで感染します。ただし、刺された人が全てデング熱に感染するという訳ではありません。

虫よけ対策をしっかりして野外に出掛けるようにしましょう。