保育園 板橋区 たてわり混合保育 乳児保育 子育て支援 食育

HOME > おたよりの森 > すくすくだより

すくすくだより

こどもたちは成長過程の段階にあるため、いろいろな病気にかかりやすいものです。

お子様の健康管理は、普段の生活のなかでしっかりと行ってあげてください

  • ほけんだより4月   発行日2021/4/9

  • ほけんだより3月   発行日2021/3/8

  • ほけんだより2月   発行日2021/2/5

  • ほけんだより1月   発行日2021/1/8

  • ほけんだより12月   発行日2020/12/4

  • ほけんだより11月   発行日2020/11/2

  • ほけんだより10月   発行日2020/10/5

  • ほけんだより9月   発行日2020/9/7

  • ほけんだより8月   発行日2020/8/5

  • ほけんだより7月   発行日2020/7/6

  • ほけんだより6月   発行日2020/6/8

  • ほけんだより4月   発行日2020/4/6

  • ほけんだより3月   発行日2020/3/2

  • ほけんだより2月   発行日2020/2/3

  • ほけんだより1月   発行日2020/1/8

夏の感染症で気をつけたいポイント 発行日2013/7/25

 夏場は、暑さのため体調を崩すことも多くなります。夏の感染症は、発熱やのど、目、皮膚などに症状があらわれます。よくお子さんの様子を観察して、体調管理に注意しましょう。

 

〔目〕

目が赤く充血している、痒みがある、痛みがある、目やにが出る等の場合には、まず目を触らないようにすることが大切です。気になる症状があったら病院を受診します。また、家庭内では家族間の感染を防ぐためにも、タオルの共用は避け、手洗いをきちんとしましょう。

 

〔のど・口の中〕

のどが痛んだり、赤くなったり、発疹が出たりします。また、口の中に発疹が出ることもあります。のどの痛みで、食事や水分補給が十分にできないこともあります。

 

〔皮膚〕

手足口病の場合には、手のひらや、足の裏、甲などに小さな発疹が出ます。また、とびひの場合には、虫さされや傷などに菌が入り、透明な水泡ができます。破れると感染力の強い滲出液(じくじくした液体)が出ます。他の皮膚につかないようにガーゼで覆うなどの対応が必要になることもあります。