保育園 板橋区 たてわり混合保育 乳児保育 子育て支援 食育

HOME > おたよりの森 > すくすくだより

すくすくだより

こどもたちは成長過程の段階にあるため、いろいろな病気にかかりやすいものです。

お子様の健康管理は、普段の生活のなかでしっかりと行ってあげてください

  • ほけんだより4月   発行日2021/4/9

  • ほけんだより3月   発行日2021/3/8

  • ほけんだより2月   発行日2021/2/5

  • ほけんだより1月   発行日2021/1/8

  • ほけんだより12月   発行日2020/12/4

  • ほけんだより11月   発行日2020/11/2

  • ほけんだより10月   発行日2020/10/5

  • ほけんだより9月   発行日2020/9/7

  • ほけんだより8月   発行日2020/8/5

  • ほけんだより7月   発行日2020/7/6

  • ほけんだより6月   発行日2020/6/8

  • ほけんだより4月   発行日2020/4/6

  • ほけんだより3月   発行日2020/3/2

  • ほけんだより2月   発行日2020/2/3

  • ほけんだより1月   発行日2020/1/8

~排泄の大切さとトイレのマナー~ 発行日2015/5/22

 

うんちが出るとスッキリする感覚を大切に

人間が生きていく上で欠かすことのできない体の働きに“排泄”があります。

トイレでうんちが出ると、スッキリとして気持ちが良いものです。子どもたちにうんちを出すことは気持ちが良いことを知らせる為にも乳児のオムツ替えの時から、「うんち出て良かったね!」「さっぱりしたね」などと声をかけていくことが大切です。

また、幼児期でも「うんちが出て良かったね」と声をかけていきましょう。排便が「快いこと」という意識づけにも繋がっていきます。

“うんちをすることは体にとって必要なこと” 子ども達にもきちんと伝えていきましょう。

 

排便の自立

排便の自立の中で、一番大切なことは毎日決まった時間に排便するという習慣だそうです。登園前、お出かけ前に家で排便をすませることができると、気分もスッキリします。朝は慌ただしくてゆっくりとした気分でトイレでうんちをする時間がなかなか取れないというご家庭も多いと思いますが、幼児期のうちから出かける前に排便をすませるという生活習慣を確立できるよう心がけていきましょう。

 

【トイレのマナー】 トイレをきれいに使おう!

トイレはみんなで使うものです。次に使う人が気持ちよく入ることができるようにきれいに使うことを伝えましょう。

①トイレを使い終わったら、水を忘れずに流しましょう。

②トイレットペーパーの使い過ぎにならないように、どれくらい必要か、使う長さを確認しま 

しょう。

③便器を汚していないか、床にトイレットペーパーの切れ端などが落ちていないかを確認ましょう。

④トイレのスリッパは、使い終わったらきちんとそろえておきましょう。