保育園 板橋区 たてわり混合保育 乳児保育 子育て支援 食育

HOME > おたよりの森 > おいしい伝言板

おいしい伝言板

お子さんにとって“食べるということ”は成長過程において

健康な体を作ってゆくための非常に重要な行動です。

保育園では、栄養バランスや噛むことを意識した食事を与えておりますが、

ご家庭でもしっかりとした食生活のコントロールをすることが大切です。

  • おいしい伝言板3月   発行日2021/3/1

  • おいしい伝言板12月   発行日2020/12/1

  • おいしい伝言板8月   発行日2020/8/1

  • おいしい伝言板4月   発行日2020/4/1

  • おいしい伝言板12月   発行日2019/12/16

春の食材の「お手伝い」 発行日2014/5/26

*「お手伝い」という体験*

 

 春は、たくさんの野菜が旬を迎え、おいしい季節ですね。

 

 新年度が始まり、またひとつお兄さん、お姉さんになった子どもたち。新たに東京自由保育園の仲間入りをしたお友だちも、毎日楽しくお食事をしています。

  保育園では、毎月4~5回、2歳児以上のクラスの子どもたちに、野菜の皮むきや洗うなどのお手伝いをお願いしています。

 2歳児クラスの子どもたちは、お手伝いできるものが限られます(玉ねぎの皮むき・そら豆の鞘取りなど)が、この春進級して2歳児クラスになったそらぐみの子どもたちは、初めて玉ねぎの皮むきを体験しました。

 幼児クラスの子どもたちはもう慣れていて、野菜を持っていくと遊んでいたものを片付けて「やるやる~!」と近づいてくる子もいます。 

 春は食材が豊富で、お手伝いしやすい野菜がたくさんあります。

 4~5月は、そら豆の鞘むき、グリンピースの鞘むき、アスパラガスの根本折りなど、春ならではの食材をたくさん取り入れました。これからまた1年間、その時期に見合った野菜のお手伝いを、各クラスにお願いしていこうと思っています。

 ご家庭でも簡単なお手伝いをお願いしてみると、子ども達は喜んでやってくれると思います!保育園だけではなく家庭でも、ぜひお手伝いという体験をさせてあげて下さい☆