保育園 板橋区 たてわり混合保育 乳児保育 子育て支援 食育

HOME > おたよりの森 > 四季のアルバム

四季のアルバム

園の様子や、行事を紹介します。今年は中止となった行事が多いのですが、

東京自由保育園がどんな雰囲気の保育園なのか、どんなスタンスで保育を行っているのか、

例年の様子を少しでも感じとっていただければ幸いです。

2月 ドッジボール大会

4~5歳児がチームに分かれてドッジボール大会を行います。

 

体育指導を通して練習してきたドッジボール。4~5歳児の混合メンバーで構成された4チームが、トーナメント戦で勝敗を競います!

大会前に3歳児クラスの子たちが、転がってくるボールに当たらないように逃げる『中当て』をします。四角いコートの中から出ないルールを良く守り、どの子も上手に逃げていました。当たってしまっても、コートの外に出て他の子を応援する姿はとてもおにいさん、おねえさんになったなぁと感じます。

 

毎年4~5歳を4チームに分けて、各チームの子どもたちでリーダー・サブリーダーを決めてもらい、リーダーを中心にまずは4色の色名からなるチーム名を決めます。『ブルーファイナル』や『イエローキング』『レッドイーグル』など、子どもたちが考えるチームの名前にはそれぞれの思いがこもっていて、どんな名前になるのか毎回楽しみです。

 

大会までの期間は各チームともドッジボールの事で頭がいっぱい。始めは逃げるばかりだった子の中にはボールを取れるようになったり、当てるのが上手になる子も少しずつ増えてきます。

体育指導でボールの投げ方や逃げ方、作戦の立て方やチームワークについて色々教えてもらいながら、練習試合を重ねるたびに星取り表に増えていくチームの勝ち星の数を競い合います。他のチームを上回るにはどうしたらいいか、リーダーを中心に作戦を考えたり、公園でも遊ぶよりボールを投げる練習をしたり。中にはお家でも練習を重ねる子も!

 

期待と不安を胸に迎えた試合の当日。子ども達は気合十分!優勝目指して円陣を組んで作戦を考え、リーダーの掛け声に合わせて「ぜったい勝つぞ!」とメンバーみんなの気持ちを合わせたりしている姿も見られます。

どの試合も白熱した展開で、最後の最後でボールに当たったことが勝負を分けるという展開もあります。くやしくて、くやしくて・・・・涙が止まらない子も。

5歳児さんが4歳児さんの事を考えて指示を出したり、勝つためにはどうしたらよいかをチームのみんなで考え、勝つためにみんなの力を合わせる事をそれぞれの子どもたちが見せてくれて本当に感動しますよ!

4歳児はまた来年に、優勝トロフィーと共に気持ちも引き継がれていき、新たな子どもたちの姿がみられるので毎年とても楽しみです。