保育園 板橋区 たてわり混合保育 乳児保育 子育て支援 食育

HOME > おたよりの森 > 四季のアルバム

四季のアルバム

園の様子や、行事を紹介します。今年は中止となった行事が多いのですが、

東京自由保育園がどんな雰囲気の保育園なのか、どんなスタンスで保育を行っているのか、

例年の様子を少しでも感じとっていただければ幸いです。

3月 ひなまつり

3月3日は桃の節句、ひなまつりです。保育園のホールでお茶会をします。

 

毎年ホールにはひな壇が飾られます。夕方にはお迎えの親子でお雛様の前に座り、「これなんだろう?」「5にんばやしっていうんだよね」「先生がおしえてくれたよ」等の会話が聞こえてきます。本当に微笑ましい時間でちょっとした親子の時間のきっかけになっていると思うと嬉しい限りです。 

 

そのひな壇の前で毎年、年長の子どもたちのために当園の理事の一人がお抹茶を点ててくださってお茶会を開きます。

 

お茶の道具を使ってお抹茶を点てる作法やその動作に、子どもたちの目線も釘づけでした。子ども達もお茶の作法を教えていただき、干菓子を取るときには「お先に」と左隣の人に声を掛けてから頂くことや、言われた側も「どうぞ」と一声掛ける礼儀作法を教えて頂きました。

出来たてのお抹茶は「いいにおいだね」「ちょっと苦いけどおいしい」と感想を漏らしながら美味しくいただきました♪干菓子を食べられるのも特別感があってちょっと嬉しい気持ち。

 

お茶会の後は、年長さんが年中・年少の年下のお友達をホールに招いて、お煎茶とひなあられを振る舞いました。普段の生活の中で急須を使ってお茶を淹れる体験をしている年長さんですが、たくさんのお客さんに振る舞うお煎茶とあってか、いつもより慎重にお煎茶を淹れてくれるので、みんな美味しいと喜んでくれますよ!

 

お昼ごはんにはちらし寿司やあさりのすまし汁も行事の食事として出るので、美味しく頂きます。なぜあさりを使うのかも知る機会になります。

季節の行事を通して日本の文化に触れる機会を大切にしていきたいですね。