保育園 板橋区 たてわり混合保育 乳児保育 子育て支援 食育

HOME > おたよりの森 > ほいくえんだより

ほいくえんだより

園の様子や、行事を中心に掲載していきます。

たよりを通して、東京自由保育園がどんな雰囲気の保育園なのか、どんなスタンスで保育を行っているのか

少しでも感じとっていただければ幸いです。

上手に作れたかな?親子でつくろう会! 6月23日(土)

今年も毎年恒例の『親子で作ろう会』を幼児クラスを対象に行いました。

 

今年は『フォトフレーム作り』と、毎年好評を博して恒例となっている『陶芸』のどちらか好きな方を選んで参加してもらいました。

 

フォトフレームは数年前にもやっており今回で3回目となりますが、今年はいつものポストカードサイズの他にB5サイズの大きい物と大小2種類のフレームを用意しました。飾る素材もいつもより種類を増やしたり、フレームの中に挟む色画用紙の枠をハートや星や家の形に切り抜くというのも用意しました。思い思いに好きな素材を選んで取るのがバイキングみたいで楽しくて、親子であれこれ迷いながら選んでいましたね。今回は貝殻やナノブロック、使い古して2~3cmほどに短くなった色鉛筆等も工夫してとてもかわいらしく飾りつけていましたよ。

そのままボンドを乾かす為に園に置いていく子もいれば、「どんな写真を飾ろうかなぁ」と壊れないように持って帰るご家庭もありました。

 

陶芸作りでは、例年の好評が伝わっているのか今年は参加数がとても多く、ホールでは入りきらないので幼児3クラスに分かれて行いました。

すでに作りたい物を決めていてイメージを形にするだけの子もいれば、スマホや印刷など見本の資料を片手に恐竜や車などを作っている親子もいましたね。あかぐみさんの中には濡らしてはこねて、を繰り返して、粘土の感触をひたすら楽しんでいる子もいましたよ。自分のイメージしたものを形にできるように親子で一緒に協力して作りあげたりする姿が沢山見られてとても素敵でした。

陶芸は焼きあがるまでに日数がかかりますが、「はやくできあがるといいね」と親子で話しながら焼き上がりを楽しみに帰っていく姿は満足そうでしたね。

 

今年も親子で一緒に物を作る楽しさを感じられた時間となりました。自分で工夫して作り上げた物は、実際に使う時にきっと嬉しい気持ちになるでしょうね。