保育園 板橋区 たてわり混合保育 乳児保育 子育て支援 食育

HOME > おたよりの森 > 四季のアルバム

四季のアルバム

園の様子や、行事を紹介します。今年は中止となった行事が多いのですが、

東京自由保育園がどんな雰囲気の保育園なのか、どんなスタンスで保育を行っているのか、

例年の様子を少しでも感じとっていただければ幸いです。

1月 新年子ども会

日本に昔から伝わり遊ばれている、伝承遊びを楽しみます。

 

日本には昔からお正月の遊びとして親しまれてきた伝承遊びがあります。日常的にやらない遊びもあるので、この機会に体験することで日本のお正月を遊びを通して楽しみます。

2~5歳児が対象です。

 

会の初めにまず『お正月』ってどういう事?年が変わるってどういう事なの?干支や年神様の由来などを聞いたりします。そしてお正月の遊びってどんなものがあるんだろう?今日これから遊ぶのはどんな遊びなのかという話を聞いてから、それぞれのコーナーに分かれて遊びます。

 

例年用意している遊びは、こま回し、かるた、すごろく、羽根つき、まりつき、福笑い、おはじき、お手玉、あやとりなどで、それぞれのコーナーで遊び方の見本を見せてくれる先生に釘付けになっている子どもたちの姿が印象的です。羽根つきやまりつき、福笑いは実際にやったことのない子どもたちも多いので、やり方を聞きながら繰り返し楽しんでいる姿が見られます。

その年によっては地域の老人クラブの方たちも参加してくださり、おはじきやこま回しなど子どもたちに手取り足取り教えてくださる事もあり、子どもたちも嬉しくておじいちゃん、おばあちゃんを連れてあちこちのコーナーを行ったり来たりして、たくさん遊んでもらっています。

 

また会の途中で自分の好きな時に、理事長先生と園長先生が焼いているおもちコーナーで、事前にもらった“おもち券”と交換して焼きたてのおもちを食べることができます。最初に食べて後はたくさん遊ぶという子もいれば、最後まで楽しみを取っておこうという子もいますよ。

 

0歳、1歳児の子も途中でのぞきに来て、遊びをのぞいて見たり、おもち券と交換しておもちを食べたりしますよ。

 

楽しい時間はあっという間に過ぎ、終了後は子ども達から「楽しかった」「難しかったけど面白かった」などの声が聞かれ、伝承遊びに触れて楽しく過ごしたことが伝わってきます!